正社員の声

Interview

正社員として働く

取締役 統括マネージャー須藤 輝

出身地
山形県
入社時期
2005年の創業時
趣味・特技
飲み、釣り、格闘技観戦

未経験者の方も経験者の方も、個性を活かし自分に合ったステップアップが出来ると思います。

入社したきっかけは?
創業時に誘われて、物件、業者探しなど全て0からのスタートが懐かしいです。 代表の言葉、街一番の繁盛店を、日本の焼き鳥を世界のYAKITORIへと、熱い想いを聴いたことですね。
会社の雰囲気はどんな感じですか?
個性溢れるスタッフが多く、自分らしさを活かし、自分で考え、お互いが認め合い成長できる環境だと思います。今取り組んでいる毎月の勉強会で、より深く価値観の共有が出来てきたのではないかと感じます。 全体行事の花見、BBQ、忘年会や各店舗飲み会など、全店舗合同で行うので幅広いコミニュケーションもとれますし、企画内容も自分たちで考え開催しているので仕事も息抜きも周りの人を楽しませたいというのが感じられます。
どんな仕事内容ですか?
お客様にオープンダイニングの想いが伝わる様に、店長との価値観の共有、店舗ごとに目標を立て、目標を達成するためにどうやって取り組んでいくか、店舗での問題改善のサポートをしたり、オープンダイニングの理念を皆に深めていく事です。 その他、何でもやります。そのために毎日が勉強です。
今の仕事の魅力は?
店舗ではお客様やスタッフとの距離が近く、お客様の満足される顔を見れたり、直接意見を頂けいたりできます。店舗に行くとスタッフの表情を間近で見れて、常に気づきがある事が嬉しいですね。 会社の想いを全店舗、全スタッフが共有してお客様まで伝える事が出来き、お客様の満足度、スタッフの満足度、成長出来る環境作りをする事で自己成長に繋がる事です。 タイ料理業態では、外国の文化や食の知識、言葉や考え方など、なかなか体験出来ない事を身近に感じる事が出来ます。
働いてみたい人にメッセージ
未経験者の方も経験者の方も、個性を活かし自分に合ったステップアップが出来ると思います。 料理、接客、店舗管理、飲食店の仕組みを一緒に学んでいきましょう! 海外で働いてみたい方も大歓迎です!

なぎ屋 方南町店山下 邦広

出身地
埼玉県
入社時期
2014年4月
趣味・特技
お出かけ

楽しく仕事がしたい方にはおすすめ。

入社したきっかけは?
知人の紹介です。
会社の雰囲気はどんな感じですか?
スタッフ全員が明るくて面白い人が多いので、毎日が楽しいです。
どんな仕事内容ですか?
方南町店の店長なので、基本は店舗に出て接客や調理をしています。 あとは全店の季節のメニューを任されているので、定期的にそのメニューを担当しています。
今の仕事の魅力は?
やりたいことを社長に提案したら社員、バイト関係なく良い案ならやらせてもらえることですね。
働いてみたい人にメッセージ
仕事は楽ではないですが、楽しく仕事がしたい方には勧めます。

なぎ屋 千歳船橋店出口 将洋

出身地
鹿児島県
入社時期
2013年4月
趣味・特技
サッカー、弓道

やれることは無限大!
一緒に毎日楽しく新たな挑戦ができる

入社したきっかけは?
学生時代、たまたまアルバイトの求人広告を見てアルバイト働き始めました。 4年間働いた後、この会社良いなーと思い、社会人になるタイミングで社員になりました。
会社の雰囲気はどんな感じですか?
社長も取締役もしっかりと話を聞いてくれる良い会社です! 各店舗で色々な個性のある店長たちがいてとても面白いです。
どんな仕事内容ですか?
基本的な飲食業務はもちろんのこと、自分でオススメしたい料理を作ったり、美味しいお酒を見つけてくることなどです! あと欠かせないのが、店長としてスタッフたちをどれだけ成長させてあげられる手助けができることですかね!
今の仕事の魅力は?
飲食の魅力はもちろん接客!色々な人と出会い、色々な人と喋り、出会った人たちを笑顔にできることです!
働いてみたい人にメッセージ
やれることは無限大!一緒に毎日楽しく新たな挑戦ができるこの会社で働きましょー!!

寅圭 西荻窪店中島 存恒

出身地
群馬県
入社時期
2010年
趣味・特技
飲食、早寝

お客さんとの距離も近い大衆酒場なので、
まずは元気さえあればよし!

入社したきっかけは?
新しい仕事を探している時に面接をしてもらいました。 たまたま前の職場の先輩達が働いていたので、そのまま即採用になりました。
会社の雰囲気はどんな感じですか?
花見やBBQなどイベントもあり楽しむ事も忘れずに、社員アルバイトの上下関係をあまり気にせず自分を発揮できる職場です。
どんな仕事内容ですか?
やる事は飲食店業務全般。 焼き鳥屋のイメージか、やはり串打ちの仕込みは修行になります。
今の仕事の魅力は?
かなり自由に動ける枠を社長にいただいているので、やりたい事、営業スタイルを話し合いながら皆んなで築いていける店なのでそれは大きな魅力ですね。
働いてみたい人にメッセージ
お客さんとの距離も近い大衆酒場なので、まずは元気さえあればよし! お喋りしながら楽しく店を創っていきましょう。

株式会社イサーンキュイジーヌジャパン(グループ会社) 取締役野原 和久

出身地
埼玉県
入社時期
2006年
趣味・特技
旅行、テニス、タイ語

飲食の仕事に少しでも興味がある人なら、一歩、
踏み出してみるのも面白いかもしれません。

入社したきっかけは?
学生時代からいろいろな飲食店で働いており、将来、自分の為になる職場を探している時に、先に入社していた友人の紹介で入社しました。
会社の雰囲気はどんな感じですか?
年に数回、花見やバーベキュー等、アルバイトスタッフも含め、他店の仲間とも交流する機会もあり、ビンゴゲームしたりと、くつろげる空間も作ってくれる会社です。
どんな仕事内容ですか?
マネージャーとして主に店舗でお客様をもてなす仕事が中心ですが、必要に応じては調理業務に加わったり、新メニュー考案の場に参加したりと、その他も幅広い仕事内容を任せていただいてます。
今の仕事の魅力は?
入社当初は1店舗しかなかったのですが、1年に1店舗ペースで増えていき、その中で東南アジアのタイでの出店の話がありました!海外で一度も働いたことはなかったですが、社長に一緒にタイのバンコクに行かないかと言われ、自分の人生に大きな影響を与えるチャンスを頂きました。 バンコクの店舗の立ち上げから3店舗になるまでの2年間勤務した後、帰国しました。 帰国後、日本のなぎ屋で働いている時に次は日本でタイ料理を出店すると聞き、タイでの経験を活かしたいとタイ料理部門に志望しました。 毎年、新たなチャンス、学びがあります。 そして、タイ料理部門は外国人スタッフが多い職場ですが、とても楽しくコミュニケーションが取れてます。
働いてみたい人にメッセージ
焼き鳥を串に刺したことがないところからスタートした私ですが、日本のみならず、"タイで日本の居酒屋を楽しんでもらいたい!” そんな仕事にも参加でき、その中でタイ語も日常会話程度にはできるようになり、そして現在では日本でタイの中心部の料理はもちろん、地方の料理を、もっと知ってもらい広めようと楽しみながら奮闘しています。 飲食の仕事に少しでも興味がある人なら、一歩、踏み出してみるのも面白いかもしれません。ほとんど経験がなかった私でも毎年、変化があり、自分の身になってます。 丁寧なスタッフ達が未経験者でもしっかりと教えてくれますよ。

タイ店舗のスタッフより

営業本部・本部SV小次 一生(Kotsugi Issei)

出身地
広島県
入社時期
2010年
タイに来て何年目
2013年 12月 タイ在住6年目
趣味・特技
読書

悩む前に即行動!!

どんな仕事内容ですか?
営業本部・本部SV : 店舗での接客はもちろんのこと、全店のスタッフ指導や人事、メニューやオペレーションの調整、出店場所の調査や契約交渉、食材や備品の業者選定や買い付けなど全店舗を運営していく全ての事に携わらして頂いています。
この会社に就活したきっかけ
大学生の時、先輩に日本のなぎ屋千歳船橋店に飲みに連れて行ってもらったのが初めてお店を知ったきっかけです。お店の場所や店舗の作り、働いている方の仕事振りなどがとても印象深くて、お店から帰ってすぐに履歴書を書いてアルバイトの応募をしました。
その時は、すでにスタッフがいっぱいとの事で応募すら受け付けてもらえなかったのですが、半月経った後に店長から連絡があり、空きが出たから面接に来てくれ!と言われ、採用してもらいアルバイトからスタートしました。
タイで働いていて思うタイならではのエピソード
日本の職場と大きく異なるのがお客様も従業員も多国籍!!
世界中から来た人種の人が住んでいるのが不思議な魅力ですね。
同じ人間ですが国が違う事で文化が違い生活習慣も違います。
同じ職場で働く従業員とは1日のなかで家族よりも過ごす時間が長いため、タイに来た当初は驚かされる事ばかりでした。
タイのスタッフの基本的な食事はもちろん自国のタイ料理であり、新人のスタッフなどは日本食を食べた事がない人もいます。そんな中でも3ヶ月程度働いただけで、日本語のメニューを覚えて味をある程度説明出来るようになり、大まかな流れを出来るようになっています。日本の飲食店でもここまで一から覚える事が多い職場もあまりなく、対応能力や仕事に対する姿勢に驚かされました。
私にとっての”OPEN-DINING”
すでに日本で勤務していた年数よりもタイで勤務した年数の方が長くなり、タイでの勤務も含めて色々なチャンスを頂きました。
日本で働いていた当初は海外で働くなど頭になく、ましてや生活基盤が海外になる事など夢にも思っておりませんでした。職場が変わり、生活が変わり、接する人間も多国籍になり自分を取り巻く周辺環境が大きく変わった点から見るとオープンダイニングは自分の生活の礎だと思います。
就活を考えてる人にメッセージ
悩む前に即行動!!
弊社で働けばやりたい事が必ず実現出来る。やりたい事が見つかってない方はそれを見つけるチャンスが絶対にあります。

営業部・商品開発藤井 賢(Masaru Fujii)

出身地
栃木県
入社時期
2017年 11月
タイに来て何年目
2017年 11月 タイ在住2年目
趣味・特技
旅行・食べ歩き

我々と一緒になぎ屋を更に盛り上げて行きませんか?

どんな仕事内容ですか?
営業部・商品開発: 普段は店舗のマネージャーとしてフロアに立ちお客様への接客、店舗マネージメントをしています。また、商品開発部として自店の日々のオススメメニューの考案や、各店舗のメニュー変更時には新メニューの考案、レシピ作り、オペレーションの構築もしています。
この会社に就活したきっかけ
元々、ずっと居酒屋で勤務しており、高級・専門店ではなく、明るく元気な酒場スタイルのコンセプトのなぎ屋に惹かれました。
タイで働いていて思うタイならではのエピソード
街中の電柱から伸びている沢山の電線の下にはタイ料理の屋台、その横をバイクが爆音でタイソングをかけて通り過ぎて行く、ここはタイだなぁと思いますね!笑。そい言う街中の日々の営みに生きる活力があるところが好きです。また、その反面日本よりスローテンポで多くの事が進んでいく事が多いのでこの辺もタイならではかなと思います。
私にとっての”OPEN-DINING”
OPENが多数存在する会社だと思います。先ず、スタッフ同士もオープンで、仕事以外の話しも色々と出来る雰囲気も好きです。 常に店舗展開も会社として常に視野に入れており、新店舗オープンが決まった際には新メニューの考案から新店舗の立ち上げに関われる点に、とてもやりがいを感じています。また、各個人の個性に合わせてアドバイス、サポートも頻繁で、安心して働ける環境だと実感してます。
就活を考えてる人にメッセージ
私の経験上、現在の日本の飲食業界は様々な業態が混在し飽和状態にあると感じていました。その中でさらに新しいものを創作し続ける事もきっとやりがいのある事かと思います。しかし、日本国外に目を向ければ、特にアジア圏では日本食そのものが人気となっています。が、しかし日本人が常に店舗にいる店ばかりではありません。日本食レストランのフロア、キッチンに日本人が在駐し、おもてなしをする事でアジア圏のお客様の満足度をさらに上げることが出来る事も事実です。日本での飲食店勤務の経験をもってアジア圏の日本食レストランの質の向上、またアイデアを形にしてスタッフ達を統率し自分色の店舗を作る事も可能です。私自身も自店舗のプロモーションの考案や、各店舗のメニュー変更、新店舗の立ち上げ時の新メニューの考案に関わらせてもらっています。何かアイデアを形して挑戦してみたいと考えている方にはアジア圏での勤務はうってつけではないでしょうか、我々と一緒になぎ屋を更に盛り上げて行きませんか?

営業部・なぎ屋トンロー通り店 店長小林 絢(Aya Kobayashi)

出身地
長野県
入社時期
2018年 12月
タイに来て何年目
2018年 12月 タイ在住8ヶ月目

覚悟があればどんな事も出来ます。

どんな仕事内容ですか?
営業部・なぎ屋トンロー通り店 店長:お客様への接客。スタッフとのコミュニケーション。シフト管理。店舗FL管理。
おすすめメニューやプロモーションの提案をしています。
この会社に就活したきっかけ
東京の西荻窪にある、なぎ屋の姉妹店「寅圭」(とらよし)でバイトしていた事があり、タイに誘われて、自分の人生経験を増やすために来ました!西荻窪で働いていた時から接客業が楽しくて、自分の能力をどこまで成長できるのかも試してみたかったからです。
タイで働いていて思うタイならではのエピソード
スタッフと一緒にご飯を食べる時間があるのですが、食べたことない物やタイ独自の食べ物などをテストと言われて沢山試されて、美味しいか美味しくないのかを確認されます。
また、ご飯を食べた?とよく聞かれるのでタイ人にとってご飯を食べることは大事なんだなとも思いました。お酒が好きで飲んで酔っ払うとみんな音楽を聞いたり、ダンスをしたりします。
タイ人は宝くじが好きで、自分で数字を考えて盛り上がってます。
私にとっての”OPEN-DINING”
いままで持っていた先入観を捨てて、新しいことを発見できて視野が広がっていきます。新たな経験を増やして、自分の成長に繋がる場所であり、沢山の人と出会いがある。やりたいことができて、楽しく仕事ができるものすごく幸せな場所です。
就活を考えてる人にメッセージ
自分のやりたい事をやるべき!やりたい事が分からないなら、色々な事に挑戦するべき!やらない後悔よりやって後悔。自分次第で自分をいい方向にも悪い方向にも動く。ただ、人生に無駄なことは1つもない。覚悟があればどんな事も出来ます。

企画・広報部西川 昌憲(Masanori Nishikawa)

出身地
三重県
入社時期
2016年 6月 
タイに来て何年目
2014年 12月 タイ在住5年目

弊社はサポートも充実しています!

どんな仕事内容ですか?
企画・広報部:対外的には広告媒体の業者さんと打ち合わせをしたり、イベント・催事出展の責任者などをしています。社内的には、店舗のプロモーションなどを企画したり、SNS管理。社内にグラフィックデザインナーがいますので、メニューや販売促進物の企画・制作も行っています。 最近は日本の店舗で使うメニューやPOPも制作に携わらせて頂いてます。
この会社に就活したきっかけ
元々は違う会社の案件でタイへ来たのですが、その時から知人の紹介でアルバイトでなぎ屋へ入ったのがキッカケです。最初は一年半ぐらいアルバイトでした。そんな中、元々の案件がうまくいかなくなってしまいましたので、どうしようか迷っていた時に誘って頂いただき、そのままこちらに就職させて頂きました。
タイで働いていて思うタイならではのエピソード
タイには、6月頃から10月頃まで雨季が有ります。バンコクもまだまだ道路・上下水道などのインフラが未熟なので、凄い勢いのスコールが1?2時間降れば至るところで洪水します。そうなるとタクシーもなかなかつかまらないので、膝まで水に浸かりながら結構長い距離を歩いて家に帰った夜もありましたね?。
私にとっての”OPEN-DINING”
日本とタイを繋げているような感覚で日々働けます。日本代表選手にでもなったかの様な感覚があります。
「日本食」と言うものを、ビジネスとして扱うのか?文化として扱うのか?その両立がとてもやりがいが有ります。
そして、タイ以外の外国へも挑戦できる場所だと感じています。
就活を考えてる人にメッセージ
飲食業は自由な時間も少ないし給料も安いと、よく聞くと思います。自分もそう思っていました。
海外で働くことは言葉も大変そうだし安定しないと、よく聞くと思います。自分もそう思ってました。
興味はあるけどなかなかね?っと、悶々している若者は特に、海外で働いて見ることをお勧めします!
弊社はサポートも充実しています!

メールでのお問い合わせ Inquiry